comp
お問い合わせ
HOME > 人材ビジネス検定(旧派遣検定)とは

人材ビジネス検定(旧派遣検定)とは

人材ビジネス検定

【人材ビジネス検定(旧派遣検定)とは】

労働者派遣をはじめ人材ビジネスにかかわる関係法令の知識をはかるために行われる検定であり、協議会が労働者派遣をはじめ人材ビジネス事業に従事する者として、一定レベルのコンプライアンス能力を有する者であることを判定し認定するものです。

労働者派遣に従事する者「派遣元企業、派遣先企業、業務担当者」の、コンプライアンス能力の向上と、コンプライアンス能力の標準化をすすめるために2010年から2023年まで派遣検定として、当協議会が実施しています。

【受験するメリット】

logo
受験結果から、自社ならびに自身のコンプライアンス能力を客観的に判断することができ、具体的な目標をもって、知識の吸収に臨むことができます。

認定取得が、労働者派遣の仕事を希望する方達にとって、自身の就業を任せる相手を判断するための指標になります。

合格者には電子バッジを付与いたします。


【対象となる受験者】

労働者派遣に従事する派遣元企業の業務担当者が多く受験しています。また、労働者派遣事業に携わって3年以上経ち、労働者派遣元責任者講習を受講されている方を想定して問題は出題されております。

すでに受験者数は16,610名を超え、4,380名以上の方が合格しています(2024年3月現在)。

【試験対策】

人材ビジネス検定では労働者派遣法を中心に、労働基準法などの関係労働法令から出題されます。これらを網羅しておりますのが労働者派遣元責任者講習のテキストや、人材ビジネス検定公式テキストになります。まずはこれらのテキストを中心に勉強されることをお勧めいたします。

また、協議会では検定受験日1ヶ月ほど前に直前対策講座を実施しております。知識の再確認や再学習の機会として是非、ご利用ください。

【過去の出題例】

過去に主題された問題を掲載しています。
こちらからご覧ください。