comp
お問い合わせ
HOME > メールマガジン > コンプライアンスニュース 2016年7月号

コンプライアンスニュース 2016年7月号

※2016年7月に発行しましたコンプライアンスニュースの主な記事をご紹介します。
-
【目次】
 ▼ 合格者の声 株式会社アドミック 古市 香織さん
 ▼ 過去問題に挑戦!

-
合格者の声

 第12回派遣検定では154名の方が合格されました。このコーナーでは今回の「派遣検定」に合格された方から、合格の秘訣、今後の抱負などをお伺いします。

●合格者プロフィール●
株式会社アドミック
総務部
古市 香織さん
2013年4月入社
入社以来、総務部として勤務し、派遣スタッフの給与計算や労務管理、経理業務などを行っている。
アドミックの社員の皆さん

●必ず合格するという強い気持ちをもって
―合格おめでとうございます。今回の「派遣検定」受験の理由をお聞かせください。
 当社が派遣事業を行っており、より派遣法に強くなろうと思い、受験しようと思いました。

―具体的には試験対策勉強をどのように進めたのでしょう?
 検定前の事前研修に参加し、派遣検定問題集を何度も解きました。間違えた内容は必ず解説を読んで完璧に理解するまで解き直しました。必ず合格するという強い気持ちをもって勉強しました。

―実際の試験で苦労された点はありましたか?
 条文には普段聞くことのない言葉も多く出てくるので、問題の文脈を正確に理解することに苦労しました。
また、昨年の派遣法改正後最初の試験だったので、どんな問題が出るかの予測ができず大変でした。

―「派遣検定」を受けてみて気づいたことを教えてください。
 法改正後最初の試験だったので、派遣法・労働契約法の勉強にはかなり力を入れたのですが、その分労基法と安全衛生法の勉強を少し後回しにしてしまったので、そこをもう少し勉強していればもっと高い点数を取れたのではないかと感じました。

●検定合格者を増やしていきたい
―今後、「派遣検定」をどのように生かそうと考えていますか?
 今回得た知識を活用して、少しでも業務が円滑に進められるように役立てていきたいと思っています。当社には合格をしていない社員もまだおりますので、少しでも多く合格者を増やすためにアドバイスをしていきたいと思います。

―最後に、派遣事業におけるコンプライアンスに関して、普段の業務で感じていることを教えてください。
 近年どの派遣会社でもコンプライアンスの重要性が増してきています。当社の経営理念にもコンプライアンス経営が掲げているので、派遣検定を合格しているということは、クライアントやスタッフからもより安心して頂けると思います。
 派遣検定の合格者をより増やし、安心と信頼を多く得ることで派遣事業をすすめていきたいと思います。

-
過去問題に挑戦!

 このコーナーでは過去に派遣検定で出題された問題の中で、正解率が80%以下だった問題をご紹介します。皆様もぜひ挑戦してみてください。

○問題
1~5の中から、労働条件が定められる労働契約について、合意の原則その他基本事項を含め、労働契約に関する民事的なルールを明らかにしている法律を選んでください。

1 労働基準法

2 労働者派遣法

3 男女雇用機会均等法

4 労働契約法

5 最低賃金法

(第12回出題 正答率:45.0%)

過去問題に挑戦!正解へ

-