comp
お問い合わせ
HOME > メールマガジン > コンプライアンスニュース 2014年3月号

コンプライアンスニュース 2014年3月号

※2014年3月に発行しましたコンプライアンスニュースの主な記事をご紹介します。

-

【目次】
 ▼ 第8回派遣検定 結果のご報告

-
第8回派遣検定 結果のご報告

 平成26年2月19日(水)に第8回派遣検定(正式名称:労働者派遣契約責任者検定)を全国5箇所(仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)にて実施しました。
 受験者数は501名、合格者数は73名で、合格率は14.6%となりました。

受験者数・合格者数

 全体平均点は66.9点となりました。分野別正解率では労働者派遣法が69.9%と健闘が見られる一方、労働基準法・安全衛生法は56.7%と不振が見られます。分野別の配点及び平均点、正解率は以下の通りです。

分野別配点

 受験日当日に行ったアンケートより受験者像をご紹介いたします。

受験者年代 受験者の年代は30代が35.3%と最も多く、続いて40代が26.7%、20代が20.8%、50代が14.2%となっております。30代の受験者が最も多いのは前回同様の結果となっております。
 受験者の所属企業に関しては89.4%が派遣元企業に所属しております。また、受験者の中で現在、派遣元責任者として業務に従事している方は31.9%、派遣元責任者ではないが5年以内に派遣元責任者講習を受講してるという方が27.5%となっております。約6割の方が5年以内に派遣元責任者講習を受講していることになります。

 労働者派遣事業に関わった期間の割合は「5年以上10年未満」の方が35.3%、「3年未満」という方が32.9%となっております。特に労働者派遣事業に関わった期間が3年未満の方は前回に続いて受験者全体の30%以上を占め、本検定開始当初の20%以下から大きな比率を占めるところになっています。また「3年以上5年未満」の方が10.8%と、以前の検定と比較して減少しています。

「労働者派遣事業に関わった期間」に関する受験者の比較
労働者派遣事業に関わった期間

 また、事前研修を受講した方46.7%、受講しなかった方は51.1%となっており、受講した方の合格率は18.8%、受講しなかった方の合格率は10.9%となっております。

 受験者への合格発表は3月5日(水)にメールにて送付される予定です。

 なお、次回の検定試験は8月上旬を予定しております。日程が決まり次第、本協議会ホームページ等でお知らせいたします。

-