comp
お問い合わせ
HOME > メールマガジン > コンプライアンスニュース 2014年1月号

コンプライアンスニュース 2014年1月号

※2014年1月に発行しましたコンプライアンスニュースの主な記事をご紹介します。
-
【目次】
 ▼ 年頭のご挨拶 理事長 外井浩志 
-
年頭のご挨拶

 新春を迎え、お慶びを申し上げます。

 本誌読者の皆様方におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げますともに、益々、ご活躍されることを祈念申し上げます。昨年中は、本協議会の事業に一方ならぬご理解を賜り厚くお礼申し上げます。引き続き、今年もよろしくお引き立てくださいますようにお願い申し上げます。

 昨年は、アベノミクス、異次元の金融緩和などによって、経済マインドが好転し、実態経済も回復の過程をたどり、それに伴いまして雇用情勢も改善をみた1年でした。この先、消費税増税といった課題がありますが、持続して経済・雇用環境の改善がすすむものと期待されるところです。

 労働者派遣事業にかかわる者にとりまして、本年は、本格的な労働者派遣法の改正が予定されている年でもあり、大きな転換点を迎えるものと思われ、その対応がもとめられるものと思われます。加えて、高齢化が一層進み、高齢化率は今年中に26%を超えるものと思われますし、また、幾分、改善をしたとはいえ、若者の雇用は依然として課題として残されており、それらへの取り組みが求められるところとなっております。また、家庭と仕事とのバランスも急いで取り組まなければならないものと思われます。

 本協議会は、これらの課題をふまえまして、引き続きまして、労働者派遣検定の実施などを通して、人材ビジネスコンプライアンスの向上に、些かなりとも寄与できますように取り組んでまいるつもりでおります。

 とりわけ、2月に実施することにしております第8回派遣検定とそれに先立つって開催を予定しております派遣検定事前研修に万全を期すつもりでおり、何卒、受講、受験くださいますようにお願い申し上げますとともに、はなはだ勝手ではありますが、関係者の方々にお勧めいただきたくお願い申しあげます。

 今年が、お互いにとりまして、実り多き年となりますことを祈念申し上げまして年頭のご挨拶といたします。

-